ビタミンC誘導体が含まれた化粧水|肌ケアには効果的なアイテム

肌荒れしないスキンケア

化粧品

敏感肌は、精神的ストレスや環境の変化、乾燥などからも発症します。今まで使っていた化粧水が合わなくなったり、どの化粧水をつけてもヒリヒリしたりと、肌の抵抗力が弱まってしまうのです。敏感肌になったら化粧水選びも工夫しなければなりません。アルコールや香料は不使用のものにする、ビタミンCなど刺激成分は避ける、高保湿成分のセラミドがしっかり含有されているものを選ぶなどです。敏感肌の人は肌バリア機能も落ちています。そのために化粧水がしみたり、赤くなったりするのです。アレルギーからくる敏感肌は腸内環境が関わっている場合もあります。身体のメンテナンスも敏感肌には大切な治療なのです。洗顔石鹸にも気を配り、化粧水と共に低刺激のものを選びましょう。

敏感肌の人は肌が乾燥してカサカサになりがちです。水分をキープするためにも保湿成分が入った化粧水が必要です。保湿成分のヒトセラミドは敏感肌にも優しく浸透力も高いのでお勧めです。天然成分も配合量によっては刺激になる場合があるので注意してください。化粧水は付け方によっても効果に差が現れます。乱暴に肌をたたくような付け方はNGです。手のひらで温めながら、顔全体にゆっくりと浸透させるのがコツです。丁寧に包み込むように優しく重ね付けしてください。敏感肌の人は外部からの刺激に弱く、角質層が乱れやすくなっています。本来人の肌にはバリア機能が備わっていて、さまざまな刺激から肌を守る役割をしているはずなのです。正しいお手入れで敏感肌を意識した化粧水を使用し、ターンオーバーの乱れを回復させましょう。